kagi狸のきままブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 野川の探鳥

<<   作成日時 : 2015/01/20 22:23   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

画像 年明けの2日〜3日、小金井公園内の江戸東京たてもの園が無料開園していました。

画像

保存会による獅子舞には懐かしさを感じました。
スタジオジブリの特別展示も開催されていましたが、此処でも私たちは園内の散策です。野鳥の囀りに誘われて入った復元農家(天明家)の裏庭で立派なシモバシラを見つけました。こんな身近な所で見つけるなんて早速のご利益を得ました。

画像

画像画像

画像

画像 いつの間にか正月気分も抜けまして、天気の良い日には気の向くままに野川を散策しています。

画像

日々、雪国の記録的な積雪が伝わってきます。
でも、私の所では風は冷たく、時には雪雲が出るのですが雪は降りません。
昨年の冬は。この頃までに膝頭ほどの積雪が数度あったような気がします。
野川の野鳥もなんとなくのんびりしている様に見えるのは気のせいでしょうか。

画像

画像画像

画像

 一週前に市公民館で自主講座「国分寺崖線と野川の成り立ち」を受講しました。
3万年ほど前までに富士山や御嶽山の噴火の火山灰が堆積して武蔵野台地が形成されました。その頃の多摩川は暴れ川だったそうで、その浸食作用によって国分寺崖線と野川が形成されたとのことです。久しぶりに悠久のロマンを感じました。

画像

画像画像

画像

高度経済成長期には生活用水の排水で悪臭漂う野川でしたが、下水処理の改善で徐々に良くなりました。今では国分寺崖線に浸み込んだ湧水を集めた流れは、水温む頃になると川遊びの子供たちで賑やかになります。宅地開発が進む中でも貴重な緑地帯が残されて、少しずつですが集まる野鳥が増えてきたようです。

画像

画像画像

画像

 昨年の冬は珍鳥のミヤマホオジロとベニマシコが迷い込んでいました。今期はなぜだか珍しい野鳥を見かけません。ところがとある昼下がり、ウォーキングの歩数稼ぎを兼ねて散策しましたら2年振りにクイナを確認しました。警戒心の強い鳥ですので、ほんの一瞬で枯れ葦に隠れてしまいピントがあまい画像となりました。

画像

画像画像

画像

 今日の午後、もう一度クイナにチャレンジしようと出かけました。姿を現すのは前回と同じく夕方の4時頃と見当をつけ、一回りしてから3時頃から張り込みました。
目前に見張り役のようなカワウが一羽佇み、目を凝らしたらカワセミもいました。
4時10分前、ピントを合わせた水面が揺れクイナが現れ連写です。ほんの数十秒で姿を隠しましたが、まずまずの画像が撮れました。いつの間にか足下の川岸ではシロハラが餌探しをしていて、なぜだかカワウは同じ位置に佇んでいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
貴重な野川ですね。近いといいのになって思います。今年もどうぞ宜しくお願いします。なかなか更新できませんが。
ののはな
2015/01/27 14:35
こんにちは!
今日は北風が強く寒いですね。
私の散歩道の野川より上流になると やっぱり沢山の鳥に出逢えるように思えますが 私が見つけられないだけでしょうか? 今 護岸工事が進み カワセミの居場所も破壊されました。
このカワセミ 綺麗ですねぇ!
クイナって南にいる鳥さんかと〜〜
何しろヤンバルクイナって言うくらいですから。

しおん
2015/01/31 16:57
ののはなさん、こんばんは。
コメントが大幅に遅れて申し訳ありません。
今年になって、野川の変遷などの自主講座を聴講しています。
こちらこそ遅れがちですが、よろしくです。
kagi狸
2015/02/25 19:12
しおんさん、こんばんは。
コメントが遅れに遅れて、春一番が吹く頃になってしまいました。
最近、野川の自然にかかわるような自主講座を聴きに行っています。そこで配布された資料によりますと野川に生息する野鳥を50種ほどとしています。でもいつでも見られるカラス、スズメ、キジバトなどとミヤマホオジロ、ベニマシコ、キクイタダキなどの迷い鳥が載っていません。それらを含めますと60種ほどの野鳥が確認できると思います。
私が半日ほど歩いていると少なくとも30種ほどを確認しています。もちろんカラスやスズメやキジバトを含めます。これからの季節はウグイスが楽しみです。
kagi狸
2015/02/25 19:25
「国分寺崖線と野川の成り立ち」はとてもおもしろそうな講座ですね。そういうお話を聞くのって大好きです。どの鳥たちも生き生きしてますね。野川をバックにしたカワセミの写真もいいですね。わたしはこうした風景に溶け込んだ鳥の写真も好きです。シメは羽の色も鮮やかですね。クイナ歩き出そうとするいい案配の写真撮れてますね。大きな写真で見ると迫力あるでしょうね。ほんと素敵なところですね。
いろんな仕事が一件落着したら、少し自分のために時間使いたいです。ここはKgagi 狸さんちから近いのかしら。
ののはな
2015/02/25 23:31
ののはなさん、こんばんは。
度々ありがとうございます。
「今から5万年ほど前に形成された武蔵野台地と3万年ほど前に形成された立川層の境目が国分寺崖線です。」
などと自主講座の受け売りです。野川もその境目を流れています。台地の川ですので水源は湧水ですから雨量が少ない年は枯れることもあります。
市では浸透枡の普及により雨水の地下水かを推進しています。
自宅は国分寺崖線と野川の中間位置の立川層にありますので、浸透枡を採用しています。
kagi狸
2015/02/28 20:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
野川の探鳥 kagi狸のきままブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる